12.1 C
Tokyo
火曜日, 10月 17, 2017
ホーム 2012 11月

マンスリーアーカイブ 11月 2012

U-15 フットサルタイ遠征 〜世界は狭い〜

3日目は朝から観光です。 船に乗ってお寺に向かいます。 ▲汗だくになりながら、上まで登りました。   午後からはお土産を購入した後、ワールドカップ会場に到着です! 3位決定戦も盛り上がりましたが、決勝戦は別ものでしたね。 1つ1つのプレーに拍手が送られます。 それしにてもファルカンのゴールは鳥肌ものでした! 延長戦になりましたが、試合会場が変更になり空港に近くなったため、 決勝ゴールも観ることができました! そして、興奮状態のまま帰国となりました。   ワールドカップを観戦しているときに「自分に足りないものが見つかった」 「もっと真剣に練習に取り組まなきゃ」と意識が変わってきた様子でした。 海外でプレーしたいという新たな目標ができた選手もいました。 「次するならスペイン遠征もええなぁ」と選手たちは盛り上がっていました。   今回の遠征で感じてもらいたかったことは、『世界は広い』ということではなく、 『世界は狭い』ということ。 一歩踏み出す勇気があれば、いくらでもチャレンジできる環境はあります。   彼らの今後の成長に期待したいと思います!

U-15 フットサル タイ遠征 〜ワールドカップ開催国の力〜

湘南ベルマーレvsスラタニの試合を観戦しました。 ▲藤井健太選手も来ていました。   残念ながらベルマーレは敗れてしまいましたが、 試合後には記念撮影にも応じてくれました。   そして、今回のワールドカップでも活躍したタイ代表選手とも記念撮影を行ないました。     午後からの大会の前に近くのスポーツショップで買い物です。   そして、昼食です。 しかし、タイ料理は口に合わない子もいました。 試合前にアウェイの洗礼です!   さぁ、ユニフォームに着替えていよいよ試合です! 3チーム総当たりのリーグ戦を開催。 試合は15分ハーフのランニングタイムで行なわれます。   初戦の相手は『Surasak monthi』 ▲タイのリーグ優勝チームです。   結 果:0−2(前半0−0) 前半は集中したDFで0−0と善戦。 しかし、後半自分たちのミスからの失点で流れが変わりました。 なかなか決定的な場面を作れず追加点を奪われ惜敗でした。   2試合目の相手は『Patumkongka』 ▲タイのリーグでは準優勝チームです。 結 果:0−9(前半0−5)   前半の早い段階での連続失点に気持ちが切れてしまいました。 こういう海外での試合では気持ちで負けた時点でおしまいです。 試合前から原田コーチがそこだけはやろうと話していたことが この試合で出てしまいました。 得点チャンスは何度かありましたが、相手ゴレイロの好セーブもあり、 無得点のままタイでの試合を終えることになりました。 悔しがる選手たちでしたが、新たな目標が1つ出来たと思います。 タイの2チームは大人顔負けのフットサルを展開してきます。 しかし、日本チームも関西の枠だけで収まるような選手たちではないので、 こういったチームに勝てるようこれからも練習に励んでいってほしいものです。     現地コーディネータの真野さん(写真右側)と現在もタイリーグで活躍されている 軽部さん(写真左側)が2試合を通じてのチームMVPを選びました。 斉藤太一くんです! 点差が離れてチームから声がなくなってきましたが、 常に後方から声を出し続けていました! もちろん、プレーでも好セーブを見せてくれました。 彼は今回の遠征中でも挨拶当番としても頑張ってくれました。     試合後の夕食は焼肉屋に行きました! しかも、食べ放題です。 育ち盛りの選手たちのテーブルにはどんどん皿が積まれていきます笑 今までは同じリーグで戦っていた選手でしたが、一緒に食事をする毎にどんどん仲良くなっていき、 ただの選抜ではなく、1つのチームとなっていきました。   明日は、お寺巡りとショッピング、そして、W杯の3位決定戦と決勝戦を観戦します! タイの滞在もあと1日となりました。 明日は思いっきり楽しみましょう!

U-15 フットサル タイ遠征 〜もう1つの日本代表〜

関西フットサル施設連盟のU―15リーグの選抜チームでタイ遠征に出発! 約50名の参加者から選ばれた13名の選手たち。 原田健司コーチ(元日本代表、元シュライカー大阪監督)にも 同行していただくことになりました。   ▲初めての飛行機、初めての海外で緊張の選手も。     ▲タイに到着。初のフライトにちょっとお疲れ気味。     ▲ホテル到着して、すぐにサッカー観戦。     明日は湘南ベルマーレVSスラタニの練習試合を観戦して、 その後に同会場にて交流試合を行ないます! 対戦相手はなんと現地のU−15リーグの優勝、準優勝チーム。 厳しい戦いになるかと思いますが、悔いのないよう全力で挑もう!!

U-23ソサイチ日本選抜 セレクション

先日、U-23ソサイチ日本選抜のセレクションが行われました。     今回は2回目のセレクションでしたが、1回目に引き続きとてもレベルの高い選手が多かったです。     ロンドン大会、シンガポール大会と、どちらもまだ準優勝です。 次こそは優勝したいですね!!   ちなみに今回もシンガポール遠征です!優勝はもちろん、個人的にも現地からオファーがもらえるくらい頑張ってもらいたいです!!    

大学選抜タイ遠征 〜歴史の証人〜

約4時間をかけて日本vs ポルトガル戦の会場コラートに移動。 日本人が続々と会場に集まって来ます。 我々もゴール裏から観戦しました。     ミゲル監督の手腕が際立った一戦でした。 注目はやはりキングカズ。 「11」のユニフォームをたくさん見掛けました。   試合の内容は皆さんご存知の通りです。 見事な戦術でポルトガル相手に歴史的な引き分けとなりました。     試合後はそのまま空港に移動。 弾丸ツアーな4日間となりましたが、充実の遠征となりました。 試合毎に成長していく選手たちは頼もしかったですね。 今回のワールドカップ日本代表メンバーの中にもカレッジリーグ出身者の選手がたくさんいます。 この中からワールドカップに出場する選手が出てくるかも!?

大学選抜タイ遠征 〜アジアの壁〜

朝は観光からスタート! アットポー、アットアルンに行ってきました。   海外自体が初めての選手も多く、見るものすべてが新鮮のようで、 かなり楽しんでいましたね。 こんな格好に着替えてみたり笑     午後からは気持ちを切り替えて大会に挑みます。 バンコクFC、パチョムガィ大学と3チームでのリーグ戦です。   まずは、プロチーム「バンコクFC」戦です。 昨日対戦したスラタニーとは違い全体的に若い選手が多くかなり動きます。 先日行なわれたカップ戦では準優勝したそうです。 その力は今日の試合でも感じました。 こちらも惜しいシュートシーンを何度も作りましたか、ゴールを割ることはできず、 残念ながら、0−3で敗れました。     次にタイでの初勝利をかけて「パチョムガィ大学」戦に挑みました! 同年代とチームということで、かなり意識していましたね。 先制点を上げるもすぐに追いつかれ、逆転というシーソーゲームの展開。 熱い試合となり激しい接触から両チームのファウル数も溜まり、第2PKもありました。 終了間際に2−3とされ敗戦濃厚となりましたが、最後に見事な崩しから追いつき 3−3の引き分けとなりました! 勝ち星をあげることは出来ませんでしたが、チームとして、個人として昨日と比べても レベルアップしたことを感じましたね。 現地コーディネーターの真野さん、軽部さんから1番評価が高かった 伊藤玄選手をチームMVPとして表彰しました。   しかし、タイは強かった。 世界ランキングを見ても、日本の1つ下の11位と力の差はありません。 サッカーの日本と韓国の関係のように、フットサルではタイ、イラン(世界ランキング7位)と今後も競っていくことになります。 遠征初勝利は2週間後に遠征するU-15に託すことにします。   さぁ、明日はいよいよW杯「日本vsポルトガル」を観戦します。 グループリーグ突破のために勝ち点をあげたい大事な一戦。 タイ遠征もラスト1日、楽しみましょう!!

大学選抜タイ遠征 〜プロの洗礼〜

大学選抜がタイに入りました! 到着してそのまま練習場へ。 相手はプロフットサルリーグの「スラタニー」です。 元デウソン神戸や府中アスレティックに在籍していたベッチーニョ選手の姿も。 現在、テスト参加中だそうです。     試合前には戦術の確認。 普段は違うチームの選手達だけにこういったコミュニケーションが大切です。   いよいよキックオフ! 先制点をあげるも徐々に本気を出し始めたスラタニーに崩され始め、 結果1−6で敗れました。 飛行機の疲れがある中での厳しい試合でしたが、 大会に向けてやれる手応えは感じました。   相手コーチからも良い選手が多いとお褒めの言葉をいただき、 1週間くらいならテスト参加もできると言われました。   宿泊するホテルはめちゃくちゃ豪華! 18階に宿泊しています。 なんと、スポーツジム、プールまで付いています! でも、ホテルで過ごす時間はないんですけどね。。。   さあ、今日の大会もがんばろう!

オススメの記事

人気の記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!