FITAエリートプログラムU12〜タイ遠征〜【3日目&帰国】

339

タイ最終日

優勝へ向けて2勝が絶対条件のU12

エネルギーを蓄え負けられない戦いにトップギアで臨む!

第3試合 vs Yothinburana

5-0 勝ち(キラ2、タスク1、コウシ1、アキト1)

キラのスーパーミドルなど前半で大きなリードを得たU12

昨夜のミーティングで話し合った部分をピッチで表現し危なげなく勝利!運命の最終戦へ

タイ遠征、そしてこのチームでのラストマッチ。同成績で3チームが並びこの試合次第では順位は大きく入れ替わる。

第4試合 vs Sisaman

仲良くなったタイのチームも応援に駆け付けアウェイの地とは思えない声援!

試合開始からハイプレスでプレッシャーをかけるがなかなかハマらない。サイドを突破されクロスボール、相手のボレーシュートをアサヒが足で弾くものの無情にもゴールラインを通過し先制を許してしまい苦しい立ち上がりとなる。

日本チームも怒涛の攻撃で相手ゴールに迫るが決めきれず、1点ビハインドで前半を終えるかと思われた終了間際

キラのCKからユウマがヘディングシュート!

ボールは誰にも触れられずゴールネットを揺らしゲームを振り出しに戻す!

後半立ち上がり、ペナルティーエリア付近の不用意なファールからの相手FKがファーサイド上段に決められ再度リードされる苦しい展開。優勝するためには勝つしかないU12。前への圧力を高めゴールに迫り再度CKを獲得。

アキトの右足から放たれたボールにキャプテン・コウシがしっかり合わせて再度同点!

しかし2-2になったのもつかの間、激しく球際を潰しに行くものの嫌な位置でファールを取られたU12

全員で守り切ろうとゴール前を固める。しかし相手の強烈なFKは必死に手を伸ばしセーブしようとするアサヒをあざ笑うかのようにゴール上段に叩き込まれ試合終了。

二度のリードを追いついたが、逆転する力はもう残ってはいなかった、、、。

悔し涙を流す子どもたち、、、

日本人に負けるのとは違う、この悔しさは何なのだろうか、、、。

2勝2敗の3位で大会を終えたU12

手ごたえを掴んだ部分もあり、課題も多く見つかった。

タイのサッカーはもしかすると日本では否定される戦い方かもしれない。

しかし、試合に勝ったのは彼らだ。

技術だけでは越えられない壁がある。華麗なドリブル、足元の高いテクニックだけがフットボールではない。どんな手を使ってでも勝ちにこだわる姿勢、フィジカル、そして闘志を前面に出し闘うメンタル。

良い部分は伸ばし続け、その武器を活かす術を手に入れてほしい。

激闘を繰り広げたタイのチームと交流

言葉は通じないが身振り手振りのコミュニケーションですぐに仲良くなった子どもたち

好セーブを連発した両チームの守護神

真剣勝負も終わり夜の飛行機までの空き時間、リフレッシュもかねてボーリングにトライ!

足では巧みにボールを扱う子どもたちも手で投げるのは苦手?ガーター連発です!(笑)

夕飯はステーキ!みんな良い笑顔!

今は日本へ向けて飛行機の搭乗待ちです!

タイで味わった悔しさをエネルギーに変えて成長して行ってほしい。

そしてサッカーのトレーニングだけでなく、私生活の中でどれだけ正しくできるか。日常からの正しい判断の積み重ねが試合の一瞬を、結果を決める。

大事なのは日々の過ごし方。ミーティングで話したことを忘れないでほしい。

さあ日本へ帰ろう!

保護者の皆様

飛行機は予定通り日本へ出発予定です。

以下、事務連絡です。

【到着】8月25日(金)6時20分

【場所】成田空港第1ターミナル到着出口

【便名】TG640

【航空会社】タイ航空

お迎えの方はお間違いないようにお願い致します。

また出口に出てくるのは到着後約30分後となりますので、予めご理解ください。