MF大谷壮馬がタイD2パタヤシティーFCと契約

64

IMG_6766[1]

MF大谷壮馬がタイD2のパタヤシティーFCと契約を完了致しました。

※大谷は右から2番目の黄色のシャツ

 

大谷は桃山学院大学を卒業後に、

ユーロプラスを通じて東ヨーロッパのモンテネグロとボスニアにてプレーをし、

2015年6月と12月にタイに渡り、数チームのトライアウトを受け、

契約を勝ち取ることが出来ました。

大谷は、体格は小柄ではあるが、体格を生かしたスピードとボールテクニックにすぐれ、

プレーメーカーとして、チームに評価をして頂きました。

 

パタヤシティーFCは、タウィーワッタナーというチーム名にて、

昨シーズン日本人監督である三浦泰年氏(現J3富山)が後期途中から総監督として就任。

今期は、名前をパタヤシティーFCと変更し、本拠地もバンコク郊外のサラヤーからパタヤとなりました。
2016シーズンは、TPLにパタヤユナイテッド、D2にインターパタヤ、そして、こちらのパタヤシティーの3チームがパタヤを拠点に活動予定となります。