ドイツ・ダルムシュタットキャンプ

34

3/30  9:30

キャンプ4日目、トレーニングの疲れが蓄積されてくる頃。いくら寝ても朝は眠い?

朝の主食はパン。

さあ、しっかり食べてトレーニングだ。



グリースハイムへ移動。

今日は2部練習。



ババック氏のクリニック。

「皆、4日目で披露が溜まっているね。楽しいゲーム中心のメニューにしよう。」

さすがのティーンネージャーにも海外遠征の疲れが見えてきた。






それでもゲームになると初日よりも激しい。

ドイツサッカーの影響を良い形で受けている。


ビールとソーセージが伝統料理となると子供には食事が優しくないドイツ。

しかし、トルコ系が構える食材は好評。


ケバブ、ピザ、チキン、ポテト。

日本料理の様な繊細さはないがダイナミックで濃厚な味。


「白いゴハンとか味噌汁は、日本で食べれれば良くね?」

成長が伺われる。

午後はババック氏の発案で急遽、グリースハイムU-14とのトレーニングマッチが計3本組まれた。

25分 ×  2本

25分 ×  1本 (国際交流戦)



体格差に圧倒される新中学1年生もいる中、序盤に先制点を奪う。しかし正ゴールキーパー不在の中、チームのバランスが崩れ最終的には前後半で4失点。

各々、通用する部分、通用しない部分を見出し貴重な試合経験を積んだ。

3本目の国際交流戦は和気あいあい。

積極的にコミュニケーションを図る選手、シャイな選手、様々だ。







激しい試合を終え充実感が見えた。

急遽行った貴重な練習試合、様々な事を感じ取って成長の糧にして欲しい。



「君が今日のMVPだ。」

「え?オレ?」

良かった選手にはストレートに気持ちを伝えるドイツ、ヨーロッパの哲学。

「平等」という概念はサッカーに必要ない。




いい仲間が出来た。

さあ明日はダルムシュタットでのトレーニングだ。




主食になりつつあるイタリアンとトルコ料理。

数日前より少し逞しくなってきた?


メンバーの絆もここに来てかなり深まり、試合の後でテンション高め。

残り4日間、思い切り楽しもう。
Boys be Ambitious !!